☆へたれでお気楽なスノーウィの日常や日々の呟き☆
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


- -
HERO
とりあえず禁酒3日目です悲しいですスノーウィですこんばんわ。

筋肉痛で体中が痛いし酒飲めないし、なんだかだるいし酒飲めないし、めちゃくちゃ眠いし酒飲めないしで、気分はとってもダウン気味。
だいたい、この前一気に買い込んだ、冷蔵庫の中のビール6本とワイン1.5リットルはどーすればいいんだぁ!
スノーウィからごらんの皆様へアドバイスを。
マッハの速度でジム入会を決めるとこういうことが起こります。よいこの皆さんは真似しないようにしましょう。
・・・・っつーか、まっとうな一人暮らしのお嬢さんは、冷蔵庫に大量の酒を常備したりはしませんから!
でも、インストラクターのおねーさんが言っていました。

飲酒なんて、体の中にある肥満倉庫にわざわざ脂肪を溜め込むようなものです!
飲まないだけで、体脂肪が3パーセント減った人もいましたよ。

酒やめればジムの会費なんて軽く浮くし。(これは財布からの声)

ということで、もう少し実行してみようかな・・・・・

昨日は前から楽しみにしていた『HERO』を見てきましたv
感想にネタバレを含みますので、未見の方はご注意ください。

続きを読む >>
映画 comments(0)
ハリーポッターと不死鳥の騎士団
「明日レディスデーじゃん。映画見たいね。」
「じゃ、アタシ時間調べて迎えに行くよ。」
と、いうわけで、愚妹とともに行ってきました『ハリーポッター 不死鳥の騎士団』

ネットで上映時間を調べ、家まで迎えに行って、そのまま映画館までレッツラゴーゴー!
午前中ならば渋滞しているまいという予想はばっちり当たり、バイパスはすいててとっても快適。駐車場もがら空きで、待ち時間なく停める事ができました。
予想通り!!グッド
予想外だったのは、上映時間を間違えてたことくらいかな。
次の回のチケットを取って平謝りに謝るスノに、
「いいよ。なんとなくこうなるような気がしてたから。」
と愚妹。
・・・・・・・なにそのものわかりのいい予想?!


以下、映画のネタバレを含みますので、未見の方はご注意ください。

続きを読む >>
映画 comments(0)
パイレーツ・オブ・カリビアン ワールド・エンド
最近九州地区では雨が降らなくて、渇水が怖いスノーウィですこんにちは。
先日、だるだると出社したスノさんに、後輩が「ちょっと」と声をかけてきました。
「スノさんの大好物だから、おすそ分けしようと持ってきましたvv」
とのこと。いいやつだ。
で?
おすそ分けってお菓子かな?ケーキかな?それとも取れたて自家製野菜かな?
にこにこと手を差し出したスノーウィに渡されたものは、
生酒(びんいり)でした。
おいィ!いきなり職場の更衣室で酒びん取り出すなぁ!そして渡すなぁ!!
いえ、たしかに大好物ですケドね。

さて、ようやく昨日見てまいりました
パイレーツ・オブ・カリビアン ワールドエンド
以下、感想にネタバレを含みますので、未見の方はご注意ください。

続きを読む >>
映画 comments(2)
しゃべれども しゃべれども
日曜日は福岡に遊びに行ってきました〜vv
お付き合いくださいましたT部員、Y部員ありがとう。
次は7月のセレブランチかな楽しい

世間が『カリビアン〜』に突っ走る中、行ってきました
『しゃべれどもしゃべれども』
ネタバレを含む感想ですので、未見の方はご注意ください。


続きを読む >>
映画 comments(0)
スパイダーマン3
うちのわんこ、年寄りの癖にすっごく歩くんです。
散歩に付き合ったら一時間みっちり歩かされました。
腰と足が痛くて、おうちでうめいています。
くそー。


さて、昨日、予定がのびのびになっていたスパイダーマン3を見てきました。

以下、独断と偏見による管理人の感想です。
(いきなりネタバレしてますので、未見の方はご注意!)

続きを読む >>
映画 comments(0)
ホリデイ
週末映画祭りの二日目の今日は、『ホリデイ』を見てまいりました。
クリスマス直前に恋に破れた二人の女性の、おうち交換から始まる二組のラヴ・ストーリィです。
なんで恋人と別れたからって、いきなり自宅(豪邸!)を赤の他人に明け渡すのか?とか、傷心の一人旅ったって、だいたいパンツ一丁でウチを追い出された男の立場は?とか、いきなり現れた男がイケメンだからって、いきなりラブしちゃうってどーよとか、いろいろツッコミどころのある映画でしたが、ワタシはけっこう楽しめました。
なによりロス組の、ケイト・ウィンスレットとジャック・ブラックがよかったあ。ケイトなんて、あの『タイタニック』の豪奢な美女ぶりはどこいったの?!と言いたくなるようなドジっ娘&都合のいい女ぶりに親近感がわくし、ジャックのちょっとオタッキーで俺サマな風貌と、それに反してひどく繊細な内面にぐっときました。
キャメロン・ディアズに比べて、ケイト・ウィンスレットが演じた女性は、田舎でのスローライフを楽しみながら、仕事は人一倍をこなし、悩みを打ち明ける女友達もちゃんといるのに、愛する男性からは望まれない、そんな女性。

・・・・・けっこうこういう女性、現実でもいるよね、と思ったのはスノだけでしょうか。だいたい、こういう強がりでしっかりものな女性ほど、内面は寂しがり屋で優しいってのにオトコってぜんぜんわかってなんだからあッッ、と映画館の中で身悶えたのもスノだけでしょうか!!(落ち着け)

優しさと紙一重の気の弱さで、泣いてばかりいた彼女。それが、新しい環境のなかで、出会う人々から力を得て、生き生きと輝きはじめます。おじいちゃんのリハビリを助けるときの表情とか、CDショップでの、ジャックの(けっこうしょーもない)冗談に笑い転げるケイトって、すっごく可愛かった。
人は、人生最悪、と思った出来事にぶち当たったときでも、ちっぽけな自分に打ちのめされた泣いた夜を過ごしても、それでも、自分らしく前を見て、周りの人々と接することで、いろんなことが変えていけるんだな、と思いました。控えめでおとなしく、今までは浮気されても黙って受け入れていたケイトが、サイテー男に思いっきりぶちかまして引導を渡すとこなんか、ほんと、スカッとしたあ〜!

・・・・・こういう自己中の勘違いオトコってのも、現実にけっこういるよね、と思ったスノでした。

もひとつ。
イギリス組の、キャメロンとジュードのカップル。
ぜったい続かないよこの二人、と思います。ごめん。

映画 comments(2)
1/1

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
>>