☆へたれでお気楽なスノーウィの日常や日々の呟き☆
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


- -
アンジーな唇
某ハリウッド女優さんのコスメのCM見て、
「いや〜ん、アタシもあんなぷっくり唇にv」
と身もだえしているスノーウィですこんにちわ。
(スノさんは、少し自分の行動をを振り返ってみたほうがいい)
ほんと、最近の唇メイクはツヤ、色、質感とも、冬と違った軽さが春らしくて目を惹きます。
いろいろなCMや雑誌を見るに、あのたらこぷっくりした可愛い唇は、ライン取りが命、という気がします。
とくに下唇のラインを綺麗に取るのが肝心なのです。
以下、スノーウィが実戦している方法です。

1.リップライナーを用意。なるべく唇の色に近い色がベスト。
・・・・専用のシャープナーでキンキンに尖らせとくこと。
2.下唇のいちばん『底』の部分を決める。
・・・・唇の一番下の部分が『底』と呼ばれる部分。ここいちばんの真剣さで引きましょう。このラインがひいては唇全体のラインを決めるのです。歪んだら最悪ですから、間違ってもくしゃみとか、テレビ見て「あ、オダジョーvv」とか、よそ見をしてはいけません。その一瞬が命取り。
3.底のラインと口角のラインをつなぐ。
・・・・唇の色素がある部分から0・7ミリはみ出したラインを引いて、底と口角をつなぐこと。1ミリじゃなんとなく「やっちまった感」「この人リップがはみ出てるよ感」が出てかっこ悪いので、あくまで0・7ミリラインを死守!
4.上唇のラインをとる。
・・・・上唇は下唇ほど神経質にならなくてもいいかな、と思います。でも、あくまで唇の山と口角のラインは0,7ミリですよ〜。

あとは、そのままグロスを唇に乗せるもよし、お気に入りのリップを下地にしてもよし。
これからの季節はウルウルした感じのグロスもいいけど、細かいラメが入ってるのも可愛いんですよねぇ。
せっかくだし、可愛い唇で街に出て、美人になってしまいましょう女子たち!

メイク comments(0)
スポンサーサイト

- -
Comment









/

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
>>
NEW ENTRY
PROFILE
CATEGORY
COMMENT
ARCHIVES
LINK
OTHER
qrcode